ステージ1:旅立ちのやばお
やばおがいつものように、一人でカラオケをしていると、
突然現れた空間の歪みから、暗黒竜「ウキウキドラゴン」が飛び出してきた。
ウキウキドラゴンはやばおの頭部に生えていたチューリップ(通称やばリップ)を見ると、
徐に口を開き、想像を絶する驚異的な肺活量により、やばリップを吸い込んだ。
やばおは「おいおい、返してよ」と言ったが、時すでに遅し、
ウキウキドラゴンは空間の歪みへと姿を隠してしまった。
迷う暇もなく、やばおは空間の歪みに飛び込み、
ウキウキドラゴンを追う事になったのである。
ステージ2:それゆけやばお
ウキウキドラゴンを追う途中、チューリップを拾ったやばおだが、このチューリップは
やばおが求めるチューリップ(通称やばリップ)とは品種が異なるものだった。
こうして、やばおは冒険を再開した。
スーパーやばおNEO
ステージ10:最終決戦
全ての悪の根源である暗黒龍「ウキウキドラゴン」。
やばい力(通称やばパワー)の使い手「やばお」。
この世界の行く末を変える一大決戦が今始まろうとしていた。
勝つのは悪か!?やばおか!?
物語はついに驚愕のクライマックスを迎える!!!
ステージ9:恐怖のウキウキの城
ついにやばおは最終目的地である、ラスボス「ウキウキドラゴン」が待つ城、
「ウキウキの城」に辿り着いた。思いのほか小さかったその城は、
何とも言えない邪悪な雰囲気を漂わせていた。
しかしそんなことで怯むやばおではない、
彼はとてつもない力を持つチューリップ(通称やばリップ)を取り戻すという、
とてつもない使命を背負っているからだ。
頑張れ!やばお!君の持つやばい心(通称やばハート)で悪を殲滅だ!
ステージ8:GO!GO!やばお!
目的地であるウキウキの城はもう目と鼻の先、
看板によるとここから徒歩20分で到着できるようだ。
「待ってろよ、ウキウキドラゴン!お前の計画もここまでだ!」
ステージ3:恐怖の洞窟
ウキウキドラゴンがいるという「ウキウキの城」を目指すやばおだったが、
目の前に大きな岩山が現れ、行く手を阻まれた。岩山には穴が開いており、
洞窟になっているようだ。「この穴は反対側に通じているはずだぜ」と
根拠のない確信を持ったやばおは、やけにアンモニア臭漂う洞窟の中へと入っていった。
ステージ6:青い悪魔
遥か遠く幽かに見える城のような建物を目指して進むやばおだったが、
どうも海を渡らなければそこにはたどり着けないらしい。
学校で水泳の授業がある、夏だけは絶対に体育の成績が5だったやばおにとっては、
大陸を横断することぐらい容易だった。しかし、
真怪魚「ドキドキフィッシュ」と名乗る顔がやばおそっくりのモンスターに行く手を阻まれた。
ドキドキフィッシュはPSPを取り出すとやばおにティガレックス2頭の
討伐の協力を依頼したが、やばおのハンターランクは2だった。
するとドキドキフィッシュは戦闘態勢に入った。
 

なんかやばお

ステージ7:飛べ!やばお!
ドキドキフィッシュを倒したやばおは、倒れているドキドキフィッシュの肛門に何かが
突き刺さっていることに気がついた。それは一枚の文書だった。
その内容によると、このドキドキフィッシュは前に戦ったワクワクビースト同様、
やばおのチューリップ(通称やばリップ)が持つ特殊な細胞から作り出された
モンスターだったようだ。
「くそ・・・このままでは・・・やばいぜ」
ステージ5:海までの道
やっとの思いでワクワクビーストを倒したやばお。
先を急ぐ彼はすぐにその場を去ろうとしたが、ワクワクビーストの肛門に
何かが突き刺さっているのに気がついた。それは一枚の文書だった。
その内容はやばおを恐怖させるものだった。
《特殊細胞によるウキウキモンスター養殖計画》
どうやらウキウキドラゴンはやばおから奪ったチューリップ(通称やばリップ)の持つ
特殊な細胞から、強力なモンスターを生み出す計画を進行中のようだ。
ワクワクビーストはこの計画の実験体のひとつだったらしい。
「やばいぜ」彼は言った。
一刻も早くやばおのチューリップ(通称やばリップ)を取り返さないと、
大変な事になる。やばおは洞窟を抜けると、
遠くに見える城のような建物に向かって走り出した。
ステージ4:赤い怪物
やばおが洞窟の中を進んでいると、突然赤く大きい、そして顔がやばおそっくりの
怪物が現れた。怪物は自らを冥界獣「ワクワクビースト」と名乗り、
やばおをココスに誘った。しかし、金銭的な面で余裕のなかったやばおは、
「サイゼリヤがいいぜ」と言った。するとワクワクビーストは戦闘態勢に入った。